スタッフブログ

リフォーム。解体中にわかること

リフォーム工事に入ると、ほとんどの場合最初に今までお使いの住宅設備や、お部屋の壁・天井・床などの解体と撤去作業が始まります。

長年暮らした住まいには、知らない欠点があるかもしれません。解体して始めてわかります。

↑断熱材がありません。

ユニットバスの取替のため、元のユニットバスを取り除いたら、なぜか外壁の内側には1面全く断熱材が入っていませんでした。もちろん、今回きちんと補填しました。

「断熱窓なのに、どおりで寒かった」と合点がいったそうです。

 

腐食し脱落。

こちらは、鉄骨造の建物の例です。1階壁の下地材と、階段を支える柱が腐食し錆てボロボロ、落下している部分もありました。この壁面の外壁材に後付けでいろいろ取付ていましたので、その釘やビス穴から漏水していたようです。屋内側の配管からの水漏れはありませんでした。

「このままではある日階段が外れてしまうところ」だったかもしれません。

このように、工事中に発見したことは施主にご説明のうえ、修繕・改善させて頂きます。

悪いところは取り除き、補充し、補強しました。

ご相談はこちらから
0800-200-0460 0800-200-0460
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る